スペシャリスト集結!データを守り抜く|人気のデータテクノロジー

データを取り戻してもらう

周辺機器

HDDが壊れた時

最近のパソコンはメインのメディアにSSDを使っているものも増えてきましたが、大きなサイズのものは高額なので、未だハードディスクはデータのメインの置き場所として現役です。パソコンの不調は前触れ無く起こることが多く、特に記憶媒体であるハードディスクは突然壊れることが多いため、データは簡単に失われてしまいます。そうならないために、大切なデータのバックアップは常にとっておくべきですが、もし、一つしか無い大切なデータを失ってしまったら、データ復旧の業者に依頼して取り戻してもらう方法があります。しかし、必ずデータ復旧が出来るというわけではなく、ハードディスクの状態次第で取り戻せない場合もあることに注意が必要です。

大切なデータを取り戻す

今はデジカメ写真、音楽、映像メディアから書籍、プライベートの書類まで、かなりの持ち物がデジタルデータに移行しています。10年前では考えられないほど、個人が多くのデータを所有している時代です。仕事だけでなく、人生の大切な財産の大半をハードディスクに保存している人も多く、もし壊れたときはデータ復旧の仕事の出番が多くなることも予測されます。データ復旧の業者では、あらゆるデータの復旧に対応しています。素人では難しいデータの復旧もスムーズに対応してくれます。しかし、依頼する際には気をつけたい事があります。それは、業者が来る前に自身でデータ復旧を行なおうと思わないことです。知識がある人であれば、データ復旧を試みても大丈夫とは思いますが、知識がない人が対処した場合、余計に復旧が難しくなることもあります。例えば、濡れた事によって故障した場合、多くのひとが乾かそうとします。しかし、海水やジュースなどの液体が原因だった場合、乾かすという行為をしてはいけません。海水やジュースに含まれている成分が乾燥して、パソコン内部にこびりつくことがあるからです。なので、データ復旧の業者にすぐ連絡を入れることが大切です。